トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

京都

京都
この間、鎧を着て東本願寺にお墓参りに行ってきました♪o(^-^)o
おじいちゃんに今の仕事の事を報告と自分の作品を見てもらう為に着て行きました。(>_<)
まぁ想定内でしたが観光客に囲まれ撮影会にされました(-.-;)
やけど、鎧をより多くの人に知ってもらう事が出来て嬉しかったです(#^.^#)
外国の人達とも撮影して楽しかったです☆o(^-^)oこれからもどんどん鎧を広めたいので、これを見た人達も鎧に興味をもち、鎧の素晴らしさを知って下さいm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

と~れ♪と~れっ♪ぴ~ちぴ~ちっ♪

外食
外食
外食
日曜日に家族で大阪市内に出かけてきましたo(^-^)o
そしてお昼に蟹道楽で会席料理を食べてきました。
コースを食べたんやけど、さすがに蟹尽くしは参りました(-.-;)

だって…あんまり蟹が好きじゃないから〜!(>へ<)

確かに美味しかったけど…。
あんなに蟹が続くと…正直胸やけが…。(´Д`)
でも…
息子が蟹好きやし、息子メインの外出やったからね(>_<)
まぁ息子は満足したみたいやからいぃか…(>_<)

蟹尽くしの最後のデザートは…
これまた私の苦手な抹茶アイスでした…(T_T)

でも、良薬口に苦しと言うから頑張って食べて最後は蟹の箸置きとポンズを蟹道楽で買いました。(^O^)/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

びっくり!!!

びっくり!!!
以前から集めているコミック「センゴク」。
戦国時代の話しで実在した「仙石権兵衛秀久」なる武将の話しで、戦法も実際の戦法を書いていてリアルに描かれためっちゃ面白いコミックなんです。
びっくりしたのは以前抽選で著者直筆で自分の好きな武将を書いて貰いサインも付くと言う抽選に応募してみました。
当たる訳がないと思いながらも心で当たって欲しいと願い、いざメールで抽選。
そして2〜3ヶ月が過ぎ。
抽選に応募した事を忘れた頃に郵便が…。
自分は完全に忘れてて、「なんだコリャ?(-.-;)」ってなっていて梱包を解いてみたら…。
!!!!!
あっ!!(☆_☆)
これはっ!(ノ><)ノ
応募したやつが当たりましたぁ〜!!!\^o^/めちゃめちゃ嬉しい〜っ!!!
でっ、
思わずそそくさと額を買いに行き額に入れて飾ってみました。(>_<)
嬉しい反面なんか今年の運を全て使い果たした気分にも…f^_^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鎧の種類

鎧の種類
鎧の種類
鎧の種類
鎧の種類
さて、ここのところ鎧に関して書いていなかったので、書く事にします。

簡単にですが。

鎧にはいくつかの種類があります。

時代によって異なるのですが、鎧初心者の方に解る様にまずは…。

平安時代中期から。

「大鎧」

特徴は兜は「星兜」と呼ばれる「兜」を使用し、胴は「小札」と呼ばれる動物の皮に漆を塗った物で作り、華やかで豪華に仕立てた鎧です。

次に、

平安時代末期。

「胴丸鎧」

大鎧よりも軽く作られ、動きやすさを重視した鎧になります。
胴丸鎧が出来た頃は主に下級者が着用していました。鎌倉時代頃から上級者も着用する様になります。

次に。

いつ発生したかはまだ解明されていませんが、鎌倉時代よりややさかのぼるとされている。

「腹当て鎧」

日本甲冑の中で最も軽量で最小限度の防御鎧。
エプロン式の鎧で胸とお腹を守るのみの鎧。
緊急時の軽武装および戦闘補助員「下級者」が着用する鎧です。

次に、

鎌倉時代末期前後頃。

「腹巻鎧」

胴丸鎧とよく似ているが、胴丸鎧は左から右着用に対し腹巻鎧は前から後ろで着用します。

次に、

戦国時代。

これは皆さんが美術館等で見る鎧なので解りますよね?。

以上が「鎧」の種類になります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

家の犬

家の犬
家では6匹のワンちゃんが居ます(>_<)

毎日がお祭りみたいで凄いですf^_^;

特に嫁さんになついていて、私はいつも仕付け役なのでワンちゃん達には怖がられてなかなかなついてくれません(TへT)

まぁしょうがないけど…(-.-;)

最初に怒った時がトラウマにでもなってるんやと思うけど…(-.-;)

私が個展用の鎧を製作しててその時にワンちゃんが鎧を噛むわオシッコかけるわでキレてお尻を叩いたのがトラウマになってるみたいです…(-.-;)

まぁワンちゃん達に罪はないんやろぉけど…(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

自信作

自信作
これは一年半かけて自分用に製作しました〜♪o(^-^)o

なかなか苦労したけどかなり満足な仕上がりになりました☆(>〜<)テレ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タコ焼き屋さん

タコ焼き屋さん
タコ焼き屋さん
今日は鎧部品の製作の為の材料を買いに梅田に買い物に行ってきましたo(^-^)o

その帰りに美味しいタコ焼き屋さんがあるので寄ってタコ焼きと焼きそばを食べてきましたぁ〜♪(>_<)画像は餅チーズジャンボタコ焼きです(^O^)

めっちゃ美味しいんですよ〜(>_<)

焼きそばは「エスニック焼きそば」と言って辛いけどめちゃ美味な焼きそばです(>∀<)

画像撮るの忘れて食べちゃいました…(-.-;)

タコ焼きの画像も撮るの下手くそで美味しそうに見えませんね…(>へ<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

教室「龍野市」

教室「龍野市」
今日は兵庫県龍野市に教室をしに来てます〓
鎧の紐を通す穴空けの作業工程です〓
今の生徒さんは初孫さんの為に教室に通って来てくれています〓
いぃ作品が出来そうでめっちゃ楽しみです〓
写真は車の中から町並みを撮りました〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

子供用鎧

今回、初めて子供用の鎧を作ってみました。happy02

甥っ子に着て欲しかったんやけど、恥ずかしがって着てくれなかったので姪っ子に着てもらいました。bearing2009_11280133

なかなかいい感じでしょ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鎧初心者向け

まずは、鎧の簡単な名称から。

頭を守る為の防具、兜は

「兜鉢」(かぶとばち)頭を覆う鉢。

「眉庇」(まびさし)目の上を守る為の帽子のツバみたいな板物。

「吹返し」(ふきかえし)頬、顔を守る為の反り返った板物。

 「シコロ」(しころ)首を守る為の板物。

これら全部の部品と装飾品の金物、兜の上につける

天辺の座「てへんのざ」、古くは八幡座「はちまんざ」

吹返しにつける据文金物「すえもんかなもの」なる物、全てで「兜」は出来ています。

胴は色々あるのですが、簡単な物を紹介します。

横矧胴。(桶側胴)、縦矧胴、伊予札胴、切付小札胴、本小札胴、南蛮胴、和製南蛮胴があります。

これ等に八双金物(はっそうかなもの)、総角付の鐶(あげまきつけのかん)なる金物をつけて胴を作ります。

あとは、腕を守る籠手(こて)、太腿を守る佩楯(はいだて)、足を守る臑当(すねあて)

顔を守る面頬(めんぽう)これらを甲冑(鎧)とよびます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

鎧の意味

鎧は戦う為だけに作られた訳ではありません。

戦国時代より前の時代。

鎌倉時代等の時は「鎧」(よろい)といい。

鎧の本来の目的は「戦う為」には在らず、「守る為」に鎧は存在しました。

「鎧」は代々先祖から受け継ぐのですが、何故、受け継ぐのか。

それは「鎧」は「家の御先祖様の代わり」、「守り神」、「厄除け」と言う意味があるからなのです。

かの有名な武将、黒田長政の藩。

福岡藩黒田家でも重臣の話し合いは初代藩主、長政の兜の前で行われたと言います。

故に、私は鎧の存在理由は「守る為」にあると思っています。

最後に「甲冑」とは戦国時代になってからの「鎧」の呼び名である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

謹賀新年

こんにちは、ヒロです。
創作美術鎧兜を制作しています。
鎧兜についてこれからさまざまなことを書いて行きます。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年2月 »