« 久々に・・・ | トップページ | 変わり兜〜植物編〜 »

2011年2月25日 (金)

変わり兜〜魚・甲殻類編〜

戦国期には様々な兜がありました。

その内の一部を紹介します。

変わり兜には鉄で形を作った物と

和紙で作った物があります。

多く用いられるのは和紙が多く様々な兜が制作されました。

画像は

蟹を象った「蟹形兜」(かになりかぶと)
変わり兜〜魚・甲殻類編〜

鯱の尻尾を象った「鯱尾形兜」(しゃちおなりかぶと)
変わり兜〜魚・甲殻類編〜

鯖の尻尾を象った「鯖尾形兜」(さばおなりかぶと)
変わり兜〜魚・甲殻類編〜

蛤を象った「割蛤張懸兜」(わりはまぐりはりかけかぶと)
と言ぃます。
変わり兜〜魚・甲殻類編〜

この様に様々な兜が戦国期にはありました。

この他にも色々とありますが次ぎの「〜???編〜」でご紹介しますm(__)m

|

« 久々に・・・ | トップページ | 変わり兜〜植物編〜 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1318800/39015096

この記事へのトラックバック一覧です: 変わり兜〜魚・甲殻類編〜:

« 久々に・・・ | トップページ | 変わり兜〜植物編〜 »