« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月25日 (火)

中国料理♪

嫁ちゃんと2人で近所にある中国料理店に、たまに行くんですが、

毎回いつもの如く、
撮る事を忘れて食べてしまい…( ̄◇ ̄;)

なかなかアップする事が出来てなかったので!( ̄▽ ̄)

今回ちゃんと撮る事を心がけてやっと紹介が出来る様になりました!\(^o^)/

お店はまたまた、
私の地元!

門真市にあるんですが…。
(−_−;)…「遠くてずびばぜん。」

お店の名前は麒麟閣!

これがまた!

美味しいんです!( ̄▽ ̄)

定食もあるんですが、
今回は単品で注文♪( ´▽`)

まずは、


1319506798585.jpg


海老の揚げ物から(⌒▽⌒)

塩をつけて…

パクッ!

‼‼‼‼‼

旨っ!( ´ ▽ ` )

コロモはサックリ中はプリッ!

塩で食べるとヤミツキに!( ´ ▽ ` )

お次は、


1319506803334.jpg

中に牛肉とピーマンと玉ねぎ?
かなんか?

が入っていて、
それを軽く塩けのあるクレープで包んだ料理♪( ´▽`)

私はこれがハマりました!( ̄▽ ̄)

めっちゃ美味しいんです!♪( ´▽`)

三本あったんですが…

また食べちゃいました(; ̄O ̄)

でも、

これはホンマに美味しいです!(>_<)

是非、一度は食べて下さい!( ´ ▽ ` )ノ

そして、

お次は…


1319506804701.jpg

スッポンの薬膳スープ!

味は…

高麗人参?

薬膳スープってだけに、
身体にめっちゃ良さそうな味です( ̄▽ ̄)

見た目はスッポンの具がグロいんですが、味は結構美味しいですよ(⌒▽⌒)

そして、

中国料理の定番!


1319506805703.jpg

フカヒレの姿煮!

これも、生臭さがなく美味しく頂きましたー!( ´ ▽ ` )ノ

そして、

王道の…


1319506807049.jpg


北京ダック(>_<)

これまた美味しい~‼( ̄▽ ̄)

最高でした!( ´ ▽ ` )ノ

そして、

私は締めに大好物の…

桃マン!


1319506808273.jpg

嫁ちゃんは、

担々麺が大好物やから、

担々麺に!( ̄▽ ̄)


1319506809849.jpg


桃マンも担々麺も最高でした!( ̄▽ ̄)

息子君と娘ちゃんには、
デザートの杏仁豆腐を♡(⌒▽⌒)

私も帰って食べる様に杏仁豆腐とゴマ団子を持って帰りました♡( ´ ▽ ` )ノ

どれも、
美味しいので是非行ってみてください
♪( ´▽`)

「店名」
中国料理・麒麟閣

「場所」
大阪府門真市島頭3-9-26

「TEL」
072-885-7878

「URL」
www.rakuten.co.jp/kirinkaku

「携帯URL」
m.rakuten.co.jp/kirinkaku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

新しく…

昨日、前から気になっていたお店、
旬菜 悟空さんに行って来ました♪( ´▽`)

最初、

私の想像していたのは普通の居酒屋さんだったんですが……。

中に入ると……。

カウンターと掘り炬燵の隠れ家的なお店でした(⌒▽⌒)


1319460725847.jpg

さて、

何を食べようか?( ̄▽ ̄)

と、

まずは…

ウニの刺身を注文♪( ´▽`)


1319460729608.jpg


意外にウニって当たり外れがあるんですよね!(−_−;)

まぁ…私的ですけど!( ̄▽ ̄)笑

こちら悟空さんの所のウニは……。

めっちゃ‼

美味しかったです‼♪( ´▽`)

しっかりとしたウニの風味と味、
濃厚なウニがたまりません!(´Д` )

その他にも、


1319460730978.jpg

コーンかき揚げ(⌒▽⌒)


それと、

車海老の刺身。

だけど…。

体は食べちゃいました((((;゚Д゚)))))))

1319460732414.jpg

そして、

活てっちり鍋を食べました!♪( ´▽`)

が…。

またまた食べてしまいました(´Д` )

それで、

画像はフグ雑炊です(−_−;)

鍋も雑炊も美味しかったですよ!♪( ´▽`)

1319460734080.jpg

それと、

悟空さんの看板娘?( ̄▽ ̄)

がオススメのだし巻き卵♪( ´▽`)


1319460735491.jpg


これがまた美味しかった~‼( ̄▽ ̄)

悟空さんのマスター?
大将?

美味しい料理をありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

看板娘ちゃん!
愛想が良くて可愛らしい!
オススメ教えてくれてアリガトー!( ´ ▽ ` )ノ

また、行くんでヨロシクお願いします♪( ´▽`)

あと、ワインのフルボトルもお願いしますm(_ _)m

私のオススメのお店なんで、
良かったら皆さんも通ってみてください( ̄▽ ̄)

(店名)
旬菜 悟空

(場所)
大阪府門真市末広町7-8第五幸福ビル1F

(TEL)
06-6908-7217

京阪電車、
古川橋駅下車、
徒歩五分以内。

是非、行ってみてねー( ´ ▽ ` )ノ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

何回観ても…

映画バラッドはえぇなぁ~!(´Д` )

最初はあんまりやと思ってたけど、
観ている内に真剣に観てたよ( ̄ー ̄)


1318517686302.jpg


なんか、

人を愛する心、

人を思いやる心、

切なさ等が伝わるいぃ作品でした( ̄▽ ̄)


1318517692708.jpg

戦いのシーンも迫力があって、
なかなか見応えありました(⌒▽⌒)

まぁ今更なんですがね…(−_−;)

なんか、

バラッドを観てて、

他の人にも観てもらえたらな~!って( ̄▽ ̄)

ちなみに草薙さんが着用してた甲冑はこれです(⌒▽⌒)


1318517694399.jpg

誰かの画像を拝借しました( ̄▽ ̄)ニヤッ


1318517695811.jpg


良かったら観てみてねん♪( ´▽`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

嫁入り道具の……

今日はあまり知られていない、

大名家の婦女子用甲冑のお話をしたいと思います。( ´ ▽ ` )ノ

限られたごく一部の裕福な大名家だけに婦女子用の甲冑が製作されていました。

実際に着用したかは分かりませんが…(~_~;)

おもに大名家の婦女子が他家へ嫁に嫁ぐ際に調度品として製作されたとされています。

世に余り知られていないのは、
婦女子用甲冑は極めて少ない為なのである。

婦女子用甲冑が婚礼の調度品として贈られる事が通例化していれば、
もう少し遺品があったかも知れませんね( ̄ー ̄)

それだけに、
遺品は極めて少なく、特殊な事例であったと思われます。

基本的には婚家に伝来するはずなのですが…(~_~;)

唯一、
井伊家には、
井伊直弼(いい・なおすけ)
の次女。
弥千代(やちよ)
所用と言う復古調(ふっこちょう)=「昔の甲冑を模して製作した甲冑の事」

の朱漆塗色々威腹巻具足(しゅうるしぬりいろいろおどしはらまきぐそく)

と言う甲冑は井伊家に伝来しています。

そして、

女性用の甲冑なら華やかな甲冑を連想するはずなのですが…。

華やかな女性らしい甲冑の遺品は、
岡山藩主
池田治政(いけだ・はるまさ)
の正室
米子(よねこ)夫人の着料で実家の酒井家で作らせた、
立涌文色々威二枚胴具足(たてわくもんいろいろおどしにまいどうぐそく)

と、

井伊直弼息女の、
腹巻鎧(はらまきよろい)

くらいではないかとされています。

婦女子用の甲冑と言えど、
一般的に知られる甲冑と何ら変わるところはなく、
華やかな甲冑は極めて少ないとされます。

画像は、
今、確認出来る資料から紹介出来る物を載せました( ´ ▽ ` )ノ

まずは……

伊達綱村(だて・つなむら)
室、
仙姫所用

1318337526208.jpg

黒漆塗瓦札萌葱糸綴畳具足(くろいるしぬりかわらざねもえぎいととじたたみぐそく)

続いて、

真田幸貫(さなだ・ゆきつら)
室、
雅姫所用


1318337534191.jpg

魚鱗札畳具足(ぎょりんざねたたみぐそく)

そして、

池田治政(いけだはるまさ)
室、
米子(よねこ)所用


1318337538144.jpg


立涌文色々威二枚胴具足(たてわくもんいろいろおどしにまいどうぐそく)

最後に、

井伊直弼(いいなおすけ)
次女、
弥千代(やちよ)

1318337542116.jpg

朱漆塗色々威腹巻具足(しゅうるしぬりいろいろおどしはらまきぐそく)

これ等が、
今現在確認されている婦女子用甲冑です。(⌒▽⌒)

世の中に余り知られていない女性用甲冑。
もっと出てきて欲しいです!( ̄▽ ̄)

まぁ、私は製作者なので、
そのうち、
女性用の甲冑・鎧を製作して世の中に知らして行きたいと思います( ´ ▽ ` )ノ笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

昔は……

今日は甲冑を写させていた大名家のお話をしましょう( ´ ▽ ` )ノ

昔から各、大名家は先代の甲冑を写させて製作していました。

これは先代藩主の武功(戦での手柄)
に習い、自身も先代の様に武勲や功績を上げたいが為であるとされています。

江戸大名においては藩祖や草創期の藩主が戦陣において使用した甲冑等は神格化され、権威の象徴にもなりました。

全てを写させたり、立物(兜の前の飾り)
等特徴のあるパーツの写しを後代の藩主の着料として製作させている例が多くみられます。

歴代藩主全員の場合もあれば、一部の藩主に限った場合もありました。

有名な家柄で例をあげるなら、

将軍家
徳川家康の着料である甲冑、
大黒頭巾形兜(だいこくずきんなりかぶと)で有名な歯朶具足(しだぐそく)。


1318221052756.jpg


福島藩主
黒田家の初代着料の写し。


1318221055758.jpg


彦根藩主
井伊家の天衝(てんつき)「金の角」の脇立物。


1318221057078.jpg


熊本藩主
細川家の山鳥の尾の頭立物。

1318221058410.jpg

松江藩主
松平家の板屋貝の大前立。


1318221331465.jpg


岡崎藩主
本多家の鹿角の立物。


1318221059481.jpg


等、様々な写しがあります。

徳川家康の歯朶具足においては幕府の重宝とされ、四代将軍家綱以降歴代の将軍家は、この具足の写し、

正式名称「御写形御召御具足」(おうつしがたおめしおぐそく)

を作らせており、現在では19領が確認されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

鎧兜・甲冑の歴史

遥か昔

鎧兜・甲冑の呼び名は「カワラ」「ヨロヒ」「モノノグ」「キセナガ」「具足」と呼び名を変えていきました。

最初の呼び名「カワラ」については、江戸時代の学者・新井白石さんが「皮」=外面を覆う固い部分、つまり人間の皮膚や動物の毛皮、あるいは植物、果物等の皮の事を「カワ」とし、

これに「ラ」を添え言葉とし「カワラ」と呼ぶようになったと伝えられています。

やがて、「カワラ」から「ヨロヒ」と変化します。

「ヨロヒ」は備わる、着ると言う意味の「具う」(よろう)から出た言葉と言われます。

これを、中国風に言うと「具足」と読む様になります。

兜(かぶと)
は、頭に被る物と言う意味で「冑」と書く事もありました。

「ヨロヒ」から「具足」と呼ばれる様になるのは南北朝時代以後になります。

弥生時代は、

「短甲」(たんこう)
と、呼ばれる甲冑が誕生します。

そして、「挂甲」(けいこう)
と言う甲冑が奈良時代に誕生します。

奈良時代になると「挂甲」以外に「綿甲」(めんこう)「革甲」(かわこう)と言う甲冑が誕生します。

平安・鎌倉時代になると、
弓矢(ゆみや)・太刀・(たち)長巻(ながまき)等の武器が主力となり、戦闘形態も徒歩戦(かちせん)から騎射(騎馬)戦へと変わります。

この騎射戦に有利な武具として「大鎧」(おおよろい)が誕生します。

別名を「式正の鎧」・「御守り鎧」とも言います。

この他に、

「胴丸」(どうまる)・「腹当」(はらあて)
と言う武具があります。

そして、南北朝・室町時代になると、南北両朝それぞれに属した諸国の武士の対立が激化し、争乱の絶えない時代になります。

合戦も山城の攻防戦等、地域的な戦闘に発展していきます。

こうした背景から、戦闘形態も一騎駆けから集団戦へと変化します。

武器も弓矢より、刀剣・槍等による接戦の時代になり、鎧も従来の大鎧よりも動きやすい物が要求される様になり、

平安・鎌倉時代に使われていた胴丸・腹当の長所を取り入れた「腹巻」(はらまき)と言う最新形式の物が製作される様になります。

そして、

戦国時代。

戦国時代当初は槍・弓矢が主力でしたが、鉄砲が伝来して鎧も一大改造が行われます。

そして、

誕生したのが、今の博物館等でよく観られる甲冑。

「当世具足」(とうせいぐそく)

になります。

当世具足は胴丸が次第に変化していった物で、最初は槍への防御に重点を置いて製作されていたのですが、鉄砲の出現により兵士は更なる防具が必要になり、

顔を守る防具「頬当・面頬」(ほほあて・めんぽう)

喉元を守る「咽喉輪」(のどわ)

腕・手を守る「籠手」(こて)

脇の隙間を守る「脇曳」(わきびき)

太ももを守る「佩楯」(はいだて)

等の「小具足」(こぐそく)と呼ばれる防具が誕生します。

これら小具足を具しているので「具足」
と呼ぶ様になります。

やがて寛永〜寛文頃になると、より強固な「様具足」(ためしぐそく)が製作され、文化・文政頃には復古調の鎧が作られます。

幕末には、軽量である事や生産性の上から革の甲冑が流行しますが、攻撃武器、特に鉄砲が急激に発展した為、遂に甲冑は鉄砲に屈し廃れる事になります。

(T ^ T)

以上が鎧・甲冑の歴史になります。

今の世の中から鎧・甲冑は存在と歴史が消え去ろうとしています。

どうか、

皆さんがもっと鎧・甲冑に興味を示し、保存して行く事を考え、後世に残して行ける様にちゃんとした形で伝えて行ける様に、協力して下さい(⌒▽⌒)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

衣替え

久しぶりのブログ更新( ´ ▽ ` )ノ

最近、寒くなって来ましたねー( ̄◇ ̄;)

もう、秋から冬?

みたいな感じですねー(~_~;)

我が家のワンコ達も今日から模様替えで、寒さ対策ナゥ♪( ´▽`)

1317813818297.jpg

1317813821372.jpg

1317813822474.jpg

1317813823451.jpg

1317813824423.jpg


そんな中………

駄々をこねるワンコが……

嫌じゃぁ~‼

離せ~‼


1317813825441.jpg


そして着せられ……

うなだれる…笑


1317813826471.jpg


とまぁー騒がしい我が家のしがない一日の風景でした( ´ ▽ ` )ノ笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »